BIO ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 NEWS
生物全般
植物全般
動物全般
チョウ(蝶)・ガ(蛾)
トンボ(蜻蛉)
その他の昆虫
昆虫採集
その他の節足動物
哺乳類
鳥類
爬虫類
両棲類
魚類
その他の動物
細胞学
生化学
分子生物学
遺伝学
生物工学
発生生物学
生理学
免疫学
医療
動物行動学
生態学
保全生物学
進化生物学
古生物学
分類学
公募・募集情報
調査・研究
生物教育
新着雑誌
新刊
科学雑誌
写真展
このサイトについて


Link Category

All links
植物全般
生物全般
動物全般
チョウ(蝶)・ガ(蛾)
トンボ(蜻蛉)
甲虫
その他の昆虫
鳥類
哺乳類
爬虫類
両棲類
魚類
同好会
研究会
学会
科学雑誌
生物教育
その他


管理人へMAIL


第9回 日本進化学会京都大会 ワークショップ

参照:日本進化学会


  WS04 「DNA塩基配列に基づく分類とその問題点」



2007年8月31日~9月2日に、京都大学で行われる第9回 日本進化学会大会で
「DNA塩基配列に基づく分類とその問題点」というワークショップを企画しました。

WS04 DNA塩基配列に基づく分類とその問題点
9/2 9:00-12:00,C会場
企画:伊藤元己・神保宇嗣(東京大)・藤井恒(日本チョウ類保全協会/京都学園大)

DNA塩基配列情報とそれに基づく系統推定の導入は、分類学的研究の発展に少なからぬ影響を与えてきた。また、同定作業にも塩基配列情報が積極的に導入され始めており、特定の短い塩基配列を同定に利用する手法「DNAバーコーディング」に注目が集まっている。しかし、分類や同定に分子情報を利用することが一般的になったのは最近の事であり、実際にはまだ多くの問題点が残されている。本ワークショップでは、塩基配列情報に基づいて生物を分類・同定する際の問題点について、その概念的背景から実際の研究まで幅広く取り上げ議論することで、分類学的情報の提供者と利用者双方の理解を深める場としたい。

八木孝司(大阪府立大)
「チョウ類におけるDNA配列相違度と種・亜種分類」(仮題)
矢後勝也(東大)
「DNAに基づく分類の有効性と問題点:特にチョウ類を例として」
吉武 啓(東大)
「DNAバーコーディング:分子情報に基づく同定支援技術とその利用法」
三中信宏(農環研/東大)
「DNA barcoding で【種】は延命できる?」
村上哲明(首都大)
「分子情報に基づいて認識された植物の隠蔽種を分類に反映させる上での問題点」

「地雷」が潜んでいるとか、「不発弾」があるとか、物騒な話しも乱れ飛んでいますが、
さすがに進化学会会場では爆発はしないだろうと思います。DNAの塩基配列を分類に
利用している皆さまには、是非、参加して頂ければ幸いです。

私もこの機会に、いろいろ勉強させてもらおうと考えいます。


< 過去の記事 [ 7月の NEWS リスト ] 新しい記事 >

2007 calendar
7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031



新しいトピック
最新:04/02 11:59




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.