BIO ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 NEWS
生物全般
植物全般
動物全般
チョウ(蝶)・ガ(蛾)
トンボ(蜻蛉)
その他の昆虫
昆虫採集
その他の節足動物
哺乳類
鳥類
爬虫類
両棲類
魚類
その他の動物
細胞学
生化学
分子生物学
遺伝学
生物工学
発生生物学
生理学
免疫学
医療
動物行動学
生態学
保全生物学
進化生物学
古生物学
分類学
公募・募集情報
調査・研究
生物教育
新着雑誌
新刊
科学雑誌
写真展
このサイトについて


Link Category

All links
植物全般
生物全般
動物全般
チョウ(蝶)・ガ(蛾)
トンボ(蜻蛉)
甲虫
その他の昆虫
鳥類
哺乳類
爬虫類
両棲類
魚類
同好会
研究会
学会
科学雑誌
生物教育
その他


管理人へMAIL


生物教育雑感(1)

  暗記が苦手な若者たち・・・



ここ数年、大学や予備校などで教えていて強く感じることのひとつに、

   最近の若い人たちは、覚えられない・・・

ということがあります。

これは、

   私が教えている人たちがたまたまそうなのかもしれません

が、どこで教えていても、そう感じるので、

   たぶん、若者全般に言えることではないか?

と勝手に考えています。例えば、

   今の高校生物Iでは、人の性に関係する内容はことごとく排除されている

ので、

   扱う動物のホルモンは、脊椎動物のホルモンだけで、

   それも、以前の高校生が勉強した数の半分くらいしか扱いません

具体的には

   視床下部の放出ホルモン、抑制ホルモン
   脳下垂体後葉のバソプレシン
   脳下垂体前葉の成長ホルモン、TSH、ATCH
   甲状腺のチロキシン
   副甲状腺のパラトルモン
   膵臓のインスリン、グルカゴン
   副腎髄質のアドレナリン
   副腎皮質の糖質コルチコイド、鉱質コルチコイド

だけなのですが、

   国公立大学の理系の浪人生でも、

   わずかこれだけのホルモンの分泌部位、ホルモン名、その基本作用

をこの時期になっても、あまり覚えていないのです (T_T)

ちょっと前の受験生だと、センター試験だけしか受けない人でも

すぐ答えられたようなことを、

   入試が迫ったこの時期になっても覚えていない・・・

というのは、ちょっと信じがたいことです。

   原因は・・・正直、よくわかりません

が、

   今は覚えてなくても、ネットや電子辞書をみれば書いてある

時代なので、そんなことも関係しているでしょうか?

   このままでは、日本がダメになる・・・んじゃないか

と本当に心配になっています (T_T)


< 過去の記事 [ 11月の NEWS リスト ] 新しい記事 >

2010 calendar
11月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930



新しいトピック
最新:04/02 11:59




RSS Feed (XML)
RSS (utf8)
RSS (euc)
RSS (sjis)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.