BIO ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 NEWS
生物全般
植物全般
動物全般
チョウ(蝶)・ガ(蛾)
トンボ(蜻蛉)
その他の昆虫
昆虫採集
その他の節足動物
哺乳類
鳥類
爬虫類
両棲類
魚類
その他の動物
細胞学
生化学
分子生物学
遺伝学
生物工学
発生生物学
生理学
免疫学
医療
動物行動学
生態学
保全生物学
進化生物学
古生物学
分類学
公募・募集情報
調査・研究
生物教育
新着雑誌
新刊
科学雑誌
写真展
このサイトについて


Link Category

All links
植物全般
生物全般
動物全般
チョウ(蝶)・ガ(蛾)
トンボ(蜻蛉)
甲虫
その他の昆虫
鳥類
哺乳類
爬虫類
両棲類
魚類
同好会
研究会
学会
科学雑誌
生物教育
その他


管理人へMAIL


クマが里や街に出てくる理由

  餌不足だけが原因ではないのでは?



長野駅などにもツキノワグマが出没し、河川敷で射殺されたことなどが

今年もまた報道され、

  専門家は「毎年のように続く猛暑や冬眠に必要なエサ不足を挙げている」

などと報道されているが、

  本当にそれだけが原因なのだろうか?

近年、いくつかの理由で

  クマが本来のすみかである森(山) と 人が住んでいる地域

を隔てる働きをしていた

  緩衝地帯が減少してきたことも、大きな要因になっている

のではなかろうか?

  一つは、森と人家の間にあった農地や採草地などが放置され

  遷移が進んでクマが人家に近づきやすくなったこと

で、先日、たまたまた見た

  東日本大震災後の福島原発の周辺で同じようなことが起こっている

ことが報道されていた。

  もう1つは、緩衝地帯になっていた農地や採草地に

  クマが好む作物の畑や果樹園に変えられて来た

ことが関係しているように思えてならない。

  私の実家がある広島県北西部の中国山地でも、

  東北地方でも、このような場所が例えば、

  トウモロコシ畑に変えられ、

  そこにクマが侵入するようになっている。

以前から、例えば、栗園などにクマがやってくることは問題になっていたが、

  クマの本来の生息地である森に隣接した場所に

  トウモロコシのような美味しい餌がたくさんあれば、

  クマがそれを食べに出てくるようになるのは

  当然の結果だと思う。

そういうことも考慮して、対策を考えなければ、

  今後もクマによる被害は減らないだろうし、

  危険な動物としてクマが殺され続けるはずだ。

九州のツキノワグマは絶滅したようだが、

  このまま放置しておくと、特に西日本のクマたちは

  それほど遠くない将来、絶滅してしまうのではないだろうか?


< 過去の記事 [ 10月の NEWS リスト ] 新しい記事 >

2012 calendar
10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031



新しいトピック
最新:04/02 11:59




RSS Feed (XML)
RSS (utf8)
RSS (euc)
RSS (sjis)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.