BIO ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 NEWS
生物全般
植物全般
動物全般
チョウ(蝶)・ガ(蛾)
トンボ(蜻蛉)
その他の昆虫
昆虫採集
その他の節足動物
哺乳類
鳥類
爬虫類
両棲類
魚類
その他の動物
細胞学
生化学
分子生物学
遺伝学
生物工学
発生生物学
生理学
免疫学
医療
動物行動学
生態学
保全生物学
進化生物学
古生物学
分類学
公募・募集情報
調査・研究
生物教育
新着雑誌
新刊
科学雑誌
写真展
このサイトについて


Link Category

All links
植物全般
生物全般
動物全般
チョウ(蝶)・ガ(蛾)
トンボ(蜻蛉)
甲虫
その他の昆虫
鳥類
哺乳類
爬虫類
両棲類
魚類
同好会
研究会
学会
科学雑誌
生物教育
その他


管理人へMAIL


STAP細胞をめぐる問題

参照:Nature




理化学研究所の小保方晴子さんらによる

   STAP細胞作出

のニュースは、今年(2014年)1月29日に報道発表され

  新しくて「簡単できる」多能性細胞の作成方法

として大々的に報道されましたが、

  Nature は速報誌で、

  この雑誌に論文が掲載されたからといって、正しいとは限らない

というのは、研究者にとっては常識です。

  掲載後に、間違いが判ったことも少なくありません

ので、このブログで紹介するのは控えていたのですが、

  ネット上でいろいろ問題点が指摘される

ようになって、

  今度は、マスコミが手の平を返したようなバッシング報道

をするようになり、正直、呆れ果ててしまいました。

今回の問題は大きく分けると

  Natureに投稿された論文に不正があったのか?

とことと、

  STAP細胞は本当に出来るのか?

ということの2つになりますが、

どうもこの2つをごっちゃにしている人が多いようです。

昨日、理化学研究所の調査報告書が発表され、

  論文に2つの不正行為があった

とされましたが、これについては

  小保方さんの反論

も出ていますので、決着にはまだ時間がかかりそうです。

この研究でいちばん重要なのは

  STAP細胞は本当に出来るのか?

ということですが、これについて

  理化学研究所でいちから検証実験をやり直す

そうですが、それだけでは不十分で、

  他の研究者(研究機関)による追試と検証

も行われる必要がありますので、

  1年よりも、もっと長い時間が必要かもしれません。

今回の件、いくつか書いておきたいことがありますが、

続きは、また後日。。。


< 過去の記事 [ 4月の NEWS リスト ]  

2014 calendar
4月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930



新しいトピック
最新:04/02 11:59




RSS Feed (XML)
RSS (utf8)
RSS (euc)
RSS (sjis)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.